【新春美女】イングリッド

C00461a_LR【新春美女】イングリッド.png レアリティ LR
属性 魔族
MAXLv/Cost 60 15
攻撃力 298 4146
防御力 486 10094
スキル 新春美女
イラスト カガミ
ボイス 榊木春乃

カードの入手先

メダルガチャ レアメダルガチャ プレミアムガチャ その他
- - 期間限定(2015/12/31~2016/1/7)


スキル:新春美女

Lv
  1. 味方全体の攻撃力と防御力を42%UP
  2. 味方全体の攻撃力と防御力を47%UP
  3. 味方全体の攻撃力と防御力を52%UP
  4. 味方全体の攻撃力と防御力を57%UP
  5. 味方全体の攻撃力と防御力を62%UP

回想

  • 回想1
    • レベル30で開放
  • 回想2
    • レベルMAXで開放

寸評

久々に追加されたLRカードにして、魔族では【裏切りの対魔忍】朧に続き通算二枚目のLR。
昨今の本ゲームでは、上位報酬系URやSRであればLRの発揮値を軽々上回り、もはやLRの立つ瀬は無いものと思われていたが、
ここにきて追加された本カードはLRのレアリティ通り、無双の強さを持っていた。

ステータスは防御型、スキルは両面バフ。
本ゲーム初の防御ステ10000越えを達成というのも凄まじいが、スキルの凶悪ぶりがやはり目につく。
LRなのだから当然とも言えるが、【白き戦慄】井河 アサギ【米連の新型】ミラベルといった入手困難なEX-URを軽々上回る超絶スキルである。

現在の本ゲームに於いては両面デバフが幅を利かせており、その中で両面バフの存在意義は基本的にワールドレイドイベントに限定される。
厄介なのは、ワールドレイドイベントに於いてはこの両面バフ系カードがほぼ必須ということ。
つまりこのカード、LRでありながら魔族デッキ上級者にとってはほぼ必須カードなのである。

運営はLR確率=0.50%の意味をもうちょっと考えた方が良いのではないだろうか。

ちなみにワールドレイドを考えなくてもこのカードは強化率が今までの両面バフを備えたランキング報酬を3枚重ねたものを上回り、
しかもステータスが防御に特化しているので攻撃デッキのコストを考えず防御デッキになんの遠慮もなく放り込める。
防御型の両面スキルの威力は現在ランキング報酬のそれに比べると遥かに劣る程度のものしか存在しないのもあり、
しばらくは防御デッキ最強の座に居座るのは間違いないだろう。


台詞

  1. 「い、いくら正月とはいえ、この私にこんな恰好はやりすぎです。いえ、少しも似合っていません。そんな見ないでください。恥ずかしいです。」
  2. 「うふふ、こんな花魁姿もたまには悪くないですね。なんだか別人になったような淫らな気分。またお情けを頂けますか?」

キャラクター解説


  • 最終更新:2017-01-15 08:20:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード