【若き無双】八津 紫

C00161a.png レアリティ SR
属性 対魔忍
MAXLv/Cost 45 13
攻撃力 204 2597
防御力 332 6520
スキル 無双
イラスト カガミ
ボイス(紫) 水瀬沙季
ボイス(朧) 児玉さとみ
ボイス(アサギ) なかせひな

カードの入手先

メダルガチャ レアメダルガチャ プレミアムガチャ その他
- - - 2014/10/10イベントランキング報酬
2015/8/16イベントランキング報酬
SRカード交換チケット

スキル:無双

Lv
  1. 味方対魔忍の防御力を35%UP
  2. 味方対魔忍の防御力を40%UP
  3. 味方対魔忍の防御力を45%UP
  4. 味方対魔忍の防御力を50%UP
  5. 味方対魔忍の防御力を55%UP

回想

  • 回想1
    • レベル22で開放(ふたなりに人体改造された紫が、朧を前アングルからの後背位でファック)
  • 回想2
    • レベルMAXで開放(1に続いて紫が、アサギを後アングルからの後背位でファック)

寸評

タワーイベント「【次元侵略者の鳴動~若きむらさき~】」上位報酬カード。
互換スキルの篠原 まりとは逆に、攻撃が少なく防御が多いステータスになっているバフ系タンク。

Hシーン1と2にはそれぞれアサギがフルボイスでゲスト出演しているため、
朧とアサギファンにとっても隠れたコレクションカードになっていると言えよう。

リーダー時のエフェクトは、【不死覚醒】八津 紫が打撃だったのに対し、ラークシャシャから奪い返す事が必要だった劇中展開の反映か、
得物の斧による斬撃である。

台詞

  1. 「アサギお姉さまの妹でなければ殺しているところだ。ち、チームさくむら!? 私は断じて認めないからな!」
  2. 「アサギお姉さまを妊娠させる! むらさきチンポで妊娠させますぅ!」

キャラクター解説

別次元からブレインフレーヤーと呼ばれる次元侵略者によって拐われてきた紫という設定のカード。

原作シリーズは外伝などを含めると2005年から現在までに9作発売されており、劇中の時代も進み続けている。
そのためキャラの中には初期と最新作時点を比較すると、年齢・立場・外見が変化している者もいる。
紫もその一人で、初登場の「対魔忍ムラサキ」から「対魔忍ユキカゼ」までの紫が髪を下ろしていたのに対し、
「対魔忍アサギ3」および「対魔忍ユキカゼ2」からはアップにしている(【不死覚醒】八津 紫を参照)。

本カードの紫は「対魔忍ユキカゼ」までの姿の描き下ろしとなっており、決戦アリーナは原作シリーズの設定を引き継ぎつつも
パラレルワールドという世界になっているため、昔の外見=若い紫の方が好みというファンに対する
サービスカードとして見ることもできるだろう(【最強対魔忍の妹】井河 さくらも参照)。


  • 最終更新:2017-10-24 13:42:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード