沙耶NEO

C00143a.6219e47bd9616dcdfef394231f163f71.png レアリティ UR
属性 魔族
MAXLv/Cost 55 12
攻撃力 268 4544
防御力 268 4361
スキル ザ・テンタクル
イラスト カガミ
ボイス 川瀬ゆづき

カードの入手先

メダルガチャ レアメダルガチャ プレミアムガチャ その他
- - 2014/8/8追加

スキル:ザ・テンタクル

Lv
  1. 敵全体から受けるダメージを25%カット
    味方全体の防御力を17%UP
  2. 敵全体から受けるダメージを30%カット
    味方全体の防御力を19%UP
  3. 敵全体から受けるダメージを35%カット
    味方全体の防御力を21%UP
  4. 敵全体から受けるダメージを40%カット
    味方全体の防御力を23%UP
  5. 敵全体から受けるダメージを45%カット
    味方全体の防御力を25%UP

2017/06/22以前の数値


回想

  • 回想1
    • レベル27で開放(触手の制御を奪われ拘束、処女喪失・子宮内触手侵入腹ボテ)
  • 回想2
    • レベルMAXで開放(1の続き。無魔力化により肉体人間化→疑似兄妹和姦(正常位))

台詞

  1. 「あなたも沙耶とやりに来たの? 殺し合い? セックス? どっち? この頃、ちょっと退屈してたから、つきあってあげてもいいよ。もし、沙耶を楽しませてくれたら、触手コキしながら殺してあげる。」
  2. 「沙耶、変態のお兄ちゃんが好き。だって100人殺すより気持ちいいんだもん。ほら見て、沙耶のオマンコ、またこんなグチョグチョに溶けてる。ねえ、お兄ちゃん、今日は化け物と人間、どっちの身体でしよっか?」

関連カード


寸評

プレミアム以上のガチャから常時入手可能なUR☆☆☆☆☆魔族の防御スキルカード。

ダメージ割合カットスキルを持つバランス型。
味方のデッキ構成・敵の属性を問わない汎用性の高さが持ち味だが、バランス型ステータスに防御系スキルの組み合わせは少々問題。
防御デッキに入れたカードの攻撃力は無視されるため、リーダーにしない限り実質的な防御力はHRレベルでしかなく、
リーダーで起用したとしてもステータス合計値がSRレベルというのは痛い。

それでも基本的に属性揃えを要求される恒常カードの中にあって、混成デッキに対応できるのは魅力。
序盤に入手できれば、特効カードを複数入れた混成デッキが必要となるレイドイベントなどの穴埋めとして使いやすい。
また、2017年6月22日に割合バフが追加されてダブルスキルとなり、2スキル合計でバフ換算すると初期値で全体防御力+約56%相当、
スキルMAXなら+約128%相当と、スキルLvが上がるごとに尻上がりに強くなるため、複数枚入手できれば真価を発揮する。
もっとも、複数手に入る頃にはもっと性能が良い防御カードが揃っているのが常なのだが。

攻撃エフェクトは殴打。

キャラクター解説

『対魔忍アサギ2 淫謀の東京キングダム』にて初登場した人工魔族の沙耶を改良したという設定の、本作オリジナルの描き下ろしカード。
原作の沙耶はいわゆる敵役であり、圧倒的な強さでアサギとさくらを捕縛するも覚醒したアサギにより倒されているため、Hシーンは無かった。

このような状況から魔族属性になっているのだと思われるが、本作の沙耶NEOは米連によって開発された人工魔族兵器。
米連では仮面の対魔忍の管理下に置かれていたが、過酷な実験に耐えかねて研究所を脱走し、市中に逃げ込んで好き勝手している。
と出会ったら凄まじく気が合いそう(そしてウザそう)だが、
本編(イベント「対魔忍だって夏祭り!」)にて外の世界に出てから初めてできた友達が常識人の喜瀬 蛍だったのは幸いである(ふうま君の胃が)。

オリジナルとの主な見た目の差異は、沙耶NEOがサイドテールの髪型なのに対し、オリジナルの沙耶はショートカットである。
また、身長も伸び体型もグラマー化しているため、完全なロリ体型だった原作とは似て非なる「沙耶」になっていると言えよう。
一方、原作での怪物沙耶は本作では沙耶NEOの失敗作的な存在(【量産型再び】沙耶)としてカード化を果たしており、
そっちじゃない感が大きいが『アサギ2』で見られなかった原作版沙耶が犯されるシチュのHシーンが収録されている。

回想シーンネタバレ



  • 最終更新:2017-06-22 23:15:03

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード